大阪太鼓製造技術保存会

大阪太鼓製造技術保存会とは
古い文献に拠ると、遅くとも1616年頃には、現在の浪速区周辺(当時の渡辺村)にて、「大坂城代の入城に際し、陣太鼓を新調することになり、渡辺村の太鼓屋平八という天才的な太鼓職人がおり、この者に製作が命ぜられました」とあるように、当時から太鼓製造の一大拠点として、その製造技術が伝承されてきたのです。 そして、この令和の時代まで実に四百年以上もの間、太鼓製造業が受け継がれて来ましたが、その職人技術について、より体系的に取りまとめ、太鼓職人だけでなく、必要となる大切な皮や胴などの製造も含めた技術を保存すべく、当会を発足いたしました。

設立趣旨と活動内容

設立趣旨:大阪浪速を中心とする、太鼓の製造技術及び職人技術の保存、並びに普及と技術の向上を図るべく保存会を設立いたしました。

活動内容:大阪府が発足した「大阪伝統工芸品産業振興協議会」において、「大阪府知事指定伝統工芸品」の指定を受け、大阪太鼓の健全な進展と経済的地位の向上を目指します。

※ 現在、大阪府知事指定伝統工芸品として申請中です

規約・会費・会員

現在、大阪府内の太鼓製造業5社にて、詳細を取りまとめております。
詳細については、お問い合わせフォームより、当保存会事務局へお尋ねください。

製造工程

1.欅原木
2.切断
原木を太鼓の大きさにあわせて輪切りにする
3.くり抜き
太鼓の内側をくり抜き円筒状にする
4.乾燥
数年間乾燥させる
5.削り
外部、内部に丸味をつけるために削り太鼓の形に整える
6.塗装
外部に漆を塗る
7.皮張り
ジャッキを使い皮を均等に引っ張りながら音の調整を行う
8.鋲打ち
鋲を打ち、皮を固定する

お問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら
Copyright © 2021 大阪太鼓製造技術保存会